2009年01月10日

「不快な発明」カラオケ1位

8日月英紙インディペンデントは、英国人を対象にした調査で 「最も重要と思いつつも最も不快に感じる発明品」 として、日本発祥のカラオケが携帯電話などを抑えて1位となりました。

調査は英政府が2500人以上の大人を対象に実施したそうです。

「最も重要と思いつつも最も不快に感じる発明品」

・カラオケ (22%)

・24時間スポーツチャンネル (17%)

・ゲーム機 (12%)

・携帯電話 (11%)


英国では、日本のように防音設備の整った個室型のカラオケボックスがまだあまり広まっていないようです。多くの人が飲酒するパブにカラオケが置かれていることが多く、音痴の人や酔っぱらいの歌声が騒音#害を招いているといいます。

(2009年1月10日 秋田さきがけより)


カラオケ≠ヘ広まったのですが、付属のボックス≠ヘ広まらなかったのですね。
日本でもボックス≠ェなかったら、「不快な発明」として取り上げられるかもしれません。

ソムリエのいるレストランで食事をしているときに、カラオケを歌うおじさんの声が聞こえてきたら… 
やはり嫌ですね。

ブランドを構築する要素に、香り、形状、音があると言われています。
イギリスのパブ や ソムリエのいるレストランの持つある種のブランドが、それを構築する要素の 「音」 によって崩されています。これに、大きな拒否反応があったのかもしれませんね。

軽自動車のホイールを履いたフェラーリ と 普通の軽自動車、どちらでデートへ行きますか?

アンバランスには、大きな拒否反応があるのです。
いくらいいモノでも、アンバランスはよくありません。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 22:17| 秋田 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

廃油田を調査!

以前「廃油田から原油」でご紹介した廃油田、
2008年10月17日付の朝日新聞 「青鉛筆」 でも記事になっていました。


◆◆◆

青写真

▽約40年前に閉鎖された秋田市上新城道川の油田から油が噴き出している。1日280gほどわき続け、半年でドラム缶220本分にもなった。
▽3月、水路に真っ黒な油が流れ出ているのを地主の大渕長一郎さん(86)が見つけた。これまでも少しずつしみ出ていたらしい。
▽実はこの油、かつて採掘していた会社が調べたが、売り物にはならない粗悪品。市は油田をふさぐ予定だが、5千万円近くかかる。「宝の井戸かと思ったんだけど……」と大渕さん。

(2008年10月17日 朝日新聞「青鉛筆」より引用)

◆◆◆


早速マッドハカセは、廃油田の調査へ行ってきました。
この廃油田は、秋田市上新城道川の県道41号線から少し山の中に入ったところにあります。
(私有地なので、見学するには市への問い合わせが必要です)

廃油田へ続く水路は、あふれ出す原油で汚れています。

haiyuden_001.jpg  haiyuden_002.jpg

あふれ出した原油は土嚢でつくられた池に溜められ、油と水に分離されていました。

haiyuden_005.jpg  haiyuden_003.jpg

haiyuden_004.jpg  haiyuden_006.jpg

この辺りはアスファルトの臭いが漂って、まるで舗装工事の現場にいるようです。
原油があふれ出ている廃油田は、この溜め池から十数b上流に行ったところにありました。

haiyuden_007.jpg

この筒からコポコポと原油が湧き出していました。

haiyuden_008.jpg  haiyuden_009.jpg

この原油を汲み出してみますと、大部分が水で上に浮いているドロっとしたモノが原油です。
コポコポと噴き出している泡は天然ガスと思われます。

haiyuden_010.jpg

この辺り一帯で原油がわき出ることは珍しいことではなく、田んぼの中にもわき出ているのです。

haiyuden_011.jpg  haiyuden_012.jpg


売り物にはならない粗悪で厄介者の原油ですが、秋田ならではの風景は残しておきたいですね。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 22:57| 秋田 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

昭和の雰囲気 「まんぷく食堂」

マッドハカセ、しばらくの間お出かけしていました。
行先は東京です。

アックンさんやパイロットNさんと飲みにあるいていました。
そこで見つけたちょっといいお店をご紹介しましょう。

JR有楽町駅に程近く、銀座のど真ん中のガード下にあった「まんぷく食堂」です。

showa_000.jpg  showa_001.jpg

showa_002.jpg

昭和の雰囲気が漂っていて、いい感じのお店です。

showa_003.jpg  showa_004.jpg

showa_005.jpg

メニューもレトロな感じにつくられており、トリス、ハイボール、コークハイなど内容もレトロです。

showa_006.jpg  showa_007.jpg

おススメの肴も「昔なつかしのハムカツ」など、なかなかです。

showa_008.jpg

メニューの中で特に注目したのが、「酒 こだわり」です。
「こだわりの銘酒(各種)」はどこのお店でも出していますが、かつてお洒落の象徴であった「電気ブラン(ウイスキーに薬草を混ぜたようなお酒)」や「どぶろく」は、なかなかお目にかかれません。
この2つのお酒には、かつて(昭和初期)の東京が見え隠れしていますね。
マッドハカセのような「よそモノ」は、迷わず注文したくなるメニューです。

showa_009.jpg

その土地の生活感を感じ取ることができ、
その土地の人々とそのモノを通じて交わることができる
(または、そのような感じになる)

それが「特産品」「名産品」だと、マッドハカセは思います。

この日は東京のレアな「特産品」「名産品」を堪能して、夜は更けていきました。

showa_010.jpg
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 00:18| 秋田 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

5つのイベント同時開催A

artsfesta_000.jpg

アキタアートの祭典「AKITA カジュアルアーツフェスタ‘08」の様子です。

◆ ストリートGALLERY =広小路ビル2F= ◆

artsfesta_001.jpg  artsfesta_002.jpg

◆ ストリートGALLERY =広小路ビル3F= ◆

artsfesta_003.jpg  artsfesta_004.jpg

artsfesta_005.jpg  artsfesta_007.jpg

artsfesta_006.jpg

◆ ストリートGALLERY =広小路ビルB1= ◆

artsfesta_008.jpg  artsfesta_009.jpg

artsfesta_010.jpg  

◆ ストリートGALLERY =広小路ビル1F= ◆

artsfesta_013.jpg  artsfesta_014.jpg

◆ アーティストSHOP&スギラボ =広小路ビル1F= ◆

artsfesta_012.jpg  artsfesta_011.jpg


斬新で楽しいアートですね!

アーティストSHOPでは、こんなモノを買ってしまいました。

artsfesta_015.jpg

「エコ袋」ではなく、「エゴ袋」です。
確かに、「エコ」は「エゴ」なのかもしれませんね。


◆◆◆

えごばっく

【エゴ袋】

人間のエゴで地球環境を

破壊しないよう、持つこ

とで『ノーレジ袋』を心

がけるためのバック。

これが君のレジ袋だ。

◆◆◆


なるほど!
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 23:25| 秋田 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5つのイベント同時開催@

今日は、秋田市の仲小路近辺で行われたイベントを見に行ってきました。
イベントの最終日ということで、大勢の人で賑わっていました。

詳細は「秋田さきがけ」の記事をご覧ください。

◆◆◆

5つのイベント同時開催 秋田市の中央街区

秋田市のJR秋田駅前から大町にかけての中央街区で6日、5つのイベントが同時開催された。音楽やアートを楽しむ人々でにぎわい、街は活気にあふれた。

イベントは第8回あきたエコ&リサイクルフェスティバル、AKITAカジュアルアーツフェスタ2008、第2回仲小路ジャズフェスティバル、第4回ザ・パワー オブ ミュージック フロム アキタ(PMA)、第11回わらしべ貯金箱。各イベントの実行委員会が中心市街地活性化のために連携し、初の同時開催となった。

日赤病院跡地で行われた仲小路ジャズには、ギタリスト小沼ようすけさん、歌手Joelleさん、トランペット奏者の佐々木大輔さんら本県出身のミュージシャンが多数出演。PMAでは、19団体がサン・パティオ大町など3会場でさまざまなジャンルの音楽を演奏した。

買い物広場のエコ&リサイクルフェスタは協賛企業などが約50のブースを並べ、クイズや抽選会などで思い思いにエコロジーをPR。仲小路の商店のショーウインドーにはカジュアルアーツ参加アーティストの作品が並び、わらしべ貯金箱実行委が自転車タクシー「ベロタクシー」を試験運行して各会場を結んだ。

5つのイベントは7日も同時開催する。日程は次の通り。

▽エコ&リサイクルフェス=午前10時、買い物広場。打ち水タイム、ごみ拾いキャラバン、大学対抗エコクイズ、環境あきた宣言など

▽カジュアルアーツ=午前10時、仲小路とアトリオン。作品展示、ファッションショー、野外ライブ&ダンスなど

▽仲小路ジャズ=午前11時、日赤病院跡地。11団体が演奏

▽PMA=午前9時45分、大町と通町の9会場。80団体が演奏

▽わらしべ貯金箱=午前11時、日赤病院跡地でチャリティーバザー。ベロタクシー試験運行は午前10時〜午後4時、PMA会場周辺

(2008年9月7日 秋田さきがけより抜粋)

◆◆◆


アートや音楽で、街が活性化してゆく…
そのことが、ようやく秋田に根付いてきたようです。

今、秋田の活性化に必要なのは「インフラ(生産や生活の基盤を形成する構造物)」ではなく、イベントやアートなどの「文化」ですね。


次回は、AKITAカジュアルアーツフェスタ2008の様子をお伝えします。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 22:40| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

きりたんぽカレー鍋、実食

きりたんぽカレー鍋を作って、食べてみました。

carrkiri_003

意外といけます!

市販のカレースープがきりたんぽと絡み合い、しっかりと味がついていました。

ちょっと変わった「きりたんぽ」、いろんなスープの素で試してみると新たな発見があるかもしれませんね。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 21:22| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

きりたんぽカレー鍋を…

マッドハカセは、「きりたんぽカレー鍋」を作ってみることにしました。

お味はいかに…

明日、お伝えします。

carrkiri_002
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 23:46| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

電車ポスト

JR品川駅で、こんなモノを見つけました。
品川駅の改築と、エキュートの開店を記念して作った電車型のポストです。

denpost_001

横はこんな感じです。

denpost_002

思わず、切符を入れてしまうところでした。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 23:53| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

中欧紀行I

STARBUCKS

ウィーン(オーストリア)の街中にあったスターバックスで、コーヒーブレイクをしました。

ヨーロッパの町並みに、おなじみの丸い緑の看板。
違和感を感じるどころか、とてもマッチしていました。
前回お話したように、ウィーンの街には深い「緑」がよく似合います。
そのせいか、スタバの看板は「デザイン」、「カラー」共にウィーンの街に馴染んでいたのです。

ウィーンの街中でスタバ…
けっこうお洒落なスタイルかもしれませんね。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 23:18| 秋田 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

中欧紀行H

オーストリアの首都「ウィーン」は、ヨーロッパ文化の中心地として歴史に華やかな足跡を残した、かつてのハプスブルグ帝国の都でもあります。640年にも及ぶハプスブルグ家の時代に、さまざなな芸術がこの地で開花し、『音楽の都』と呼ばれるようになりました。

schonbrunn_001.jpg シェーンブルン宮殿(ハプスブルグ家の離宮)

『音楽の都』ということで、お土産品にはモーツアルトや楽譜が描かれたモノが多く見かけられました。

miyage_002.jpg  miyage_005.jpg

miyage_003.jpg  miyage_004.jpg

お土産品の中で、マッドハカセが注目したのはお菓子の色づかいです。

日本では食べ物にあまり使われていない「きつめの緑」が特徴です。
おそらく、シェーンブルン宮殿の庭をあらわしているのではないでしょうか?
このような色使いはお菓子だけでなく、レストランや街の建物にも使われていました。

midori_001.jpg  midori_002.jpg

オーストリア航空をはじめ、オーストリアはをメインカラーに使うイメージがありましたが、現地に来てが以外に多く使われていることに気付きました。

「赤」と「緑」、全く関係のない色に思われますが、実はこれ、補色の関係にあるのです。
そして人々を惹きつける「魔力」のあるこの組み合わせ…

色づかいに、オーストリアの魅力が隠されていました。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 23:12| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

中欧紀行G

マッドハカセ、次の訪問国は「オーストリア」でした。

「オーストリアへ行って来ました」
というと、「カンガルー見て来たの?」と言われることが多いです。
「オーストラリア」と勘違いされていますね。

各国のオーストリア大使館は、「オーストリー」と呼ぶことを推奨しているようです。

今日は「オーストリー」で見つけたボディーソープのお話です。

soap

これ、どのように使うかわかりますか?

ボトルのボディーを押すと液体ソープが出てきます。
単純な構造ですね。
複雑な構造ではないので、壊れることはありません。
しかもひっくり返した状態になっているので、残りが少なくなっても出てきます。

ミニマムで、シンプルで、機能的です。
中欧のモノづくりは、モノづくりの原点にありますね。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 23:15| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

中欧紀行F

heitai

プラハ城(チェコ)の兵隊さんです。

全く動かないので、はじめ人形かと思いました。
近付いて写真を撮ってもよいのですが、触ると怒られるそうです。
ラベル:プラハ城 兵隊
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 20:10| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

中欧紀行E

チェコ共和国はヨーロッパのほぼ中心にある内陸国で、戦災をまぬがれたため、もっとも中世の面影を色濃く残す美しい国です。人々はまじめで、誠実で、モノづくりが好きだそうです。また、優秀な工業国としても有名です。

そんなチェコには「聖ビート教会」やヨーロッパ最古の橋「カレル橋」など、歴史的建造物が数多くあります。

beat1  beat2

「聖ビート教会」にある円形の美しいステンドグラスは、チェコのカラーデザインの原点だそうです。
国旗、民族衣装などは、このステンドグラスのカラーリングを参考にして作られています。

beat3

古き良きものを大切にしてゆく精神は、モノづくりにも反映されていますね。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 20:00| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中欧紀行D

今回はチェコのかわいいデザインをご紹介します。

kawaii1  kawaii2

写真はトイレとシャワー室の案内板です。どちらも猫をキャラクターにして、可愛らしく描かれています。
このように、ペットなど身の回りのモノをモチーフにするところが、中欧デザインの特徴の一つです。

かつて共産主義であった東欧諸国は、みんなが自由に旅行をすることができず、国外からの情報も禁止されていたため、日常の中に美しさを見出だすしかなかったようです。
動物など身近な愛しいモノのモチーフが多いのは、そのような背景があったからですね。

どこか懐かしく、あたたかな愛着を感じさせてくれるこのデザイン、マッドハカセは大好きです。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 13:29| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

中欧紀行C

チェコは中欧で唯一、自動車産業を持っている国です。
その自動車メーカーの名は「SKODA(シェコダ)」です。

skoda

ご存知だったでしょうか?

現在はVW(フォルクス・ワーゲン)の傘下に入り、Golf(ゴルフ)などと同じプラットフォームを使って車を生産しています。VWよりお安くなっているそうで、街の中を走るタクシーのほとんどは「シェコダ」の車です。

チェコは自動車産業だけでなく、食糧やウランなどの天然資源も豊富で、ユーロ圏になってからは好景気に踊っているようです。
10年ほど前まではビール1杯40円だったチェコですが、現在はビール1杯が850円になっていました。
あまりの物価の高騰で、マッドハカセは大好きなビールをたらふく飲めませんでした…


プラットフォームとは
ラベル:チェコ
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 23:06| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中欧紀行B

toilette2

今回もチェコのトイレにあったデザインのお話です。

写真はトイレの水タンクです。
トイレの水を流すレバーが水タンクの上部カバーに付いていて、カバーとレバーが一体化しています。
はじめて使う人は、水を流すときに迷ってしまいますが、これもよくできたミニマムデザインですね。

最近は日本のトイレも、よりアートでシンプルなモノへと進化しています。
しかし、水を流すコックやウォシュレットの操作パネルが複雑さを与えてしまい、せっかくのシンプルデザインが台無しになりかねません。
これらを壁面に付けたモノもありますが、今度は壁に複雑さを与えてしまいます。

ということを考えると、チェコのトイレのデザインは、よくできたデザインですね。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 12:27| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

中欧紀行A

中欧からの便りをリアルタイムにお伝えしようと計画したマッドハカセでしたが、チェコに入国した途端、モバイルが不調になりました…
ということで、今日から何回かにわたって「中欧紀行」のお話です。

中欧のモノづくりは、教会や住宅などの建築物を見ると複雑な感じを受けますが、家庭用品などのプロダクトデザインは至ってシンプルでミニマムでした。
まずは身近なモノをご紹介しましょう。

toilette1

チェコのホテルにあった「トイレットペーパーホルダー」です。

トイレットペーパーは「取れる」だけでいいのです。
そのミニマムを追求した形がコレですね。しかも無駄がなく美しいです。

表現が制限され続けた東欧(中欧も含まれます)諸国の中で、このようなデザインが生まれていたとは驚きです。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 23:28| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

中欧紀行@

lufthansa

マッドハカセは今、中欧を旅しています。

どこか懐かしさを感じる中欧デザインをリサーチしているところです。

おもしろいモノがありましたら、ご紹介します。
ラベル:デザイン 中欧
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 05:49| 秋田 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

お札があぶら取り!?

satu_abura

秋田空港のファミリーマートでこんなモノを見つけました。

お札のあぶら取り紙です。
財布型のケースに入っていて、1万円札であぶらを取る!
そんな感覚です…

普段、絶対にやらないコトを敢えてやる、ユーモアたっぷりのこの商品、非日常が消費意欲を誘いますね。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 23:58| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

虹の柱

今週の日曜日、マッドハカセが最も親しく方の結婚式へ行ってきました。

エリエスブックコンサルティングの土井英司さんやアックンさん、ハカタンさんなど、たくさんの友人たちが集まり、二次会、三次会と飲み続けてしまいました。
(なので、ブログは臨時休業しました…)

調子に乗って飲みすぎたマッドハカセ、翌日頭痛のする頭を上げて「ふっ」と東の空を見上げたら“虹の柱”が見えたのです。
しかも2本も!

niji_001.jpg(午後7時頃です。撮影時には1本になっていました)

今日の秋田さきがけでは、
「梅雨の晴れ間に、夕日のオレンジと競演、幻想的な光のショーを見せた(2008年6月24日 秋田さきがけ)」
と紹介されていましたが、少々不気味です。
というのは、阪神大震災の前日に不気味な虹が見えたらしいのです。

最近のマッドハカセ、地震を意識し過ぎているのかもしれませんが…
念のため警戒しています。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 22:52| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。