2010年02月26日

売れるモノを探るカギは?

どのような時に人は、モノを買うのでしょうか?

楽しいは… 満足

幸せは…  満足

つまり…

満足するであろうモノだからお金と交換するのです。

逆に…

満足が担保されていないと人は、モノを買わない。
満足しなければ人は、二度と買わない。


できたモノを見て、触って、感じて…

楽しくなりますか?
幸せになりますか?

そうでなければ満足は得られません。

それは、買われないモノである可能性があります。


先日、読書の会である方がこんなことをお話していました。

「個人の幸せ≠ニ社会の幸せ≠ヘ、混じり合い難い」

少し前は社会の幸せ≠知れば、皆が満足するモノ・コトを知ることができたと思います。
大企業が行っているマーケティングがそうですね。

しかし今は個人の幸せ≠ェ主流となり、細分化が進んでいます。
個人の幸せ≠知らなければ、満足するモノ・コトを知ることができません。

先ほどの「個人の幸せ≠ニ社会の幸せ≠ヘ、混じり合い難い」ということは、大企業のマーケティングで皆が満足するモノ・コトを知ることは難しいということになります。

だから売れるモノ・コトを知ることができず、困っているのです。


個人の幸せ≠ニ社会の幸せ≠混じり合わせるには、どうしたらよいのでしょうか?

これが売れるモノ・コトを探るカギになるかも知れませんね。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 00:11| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142157200

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。