2009年11月19日

市民りんご園と市販のりんご

先日、市民りんご園で林檎狩りをしてきました。
年間9,000円ほどで林檎の木1本のオーナーになり、1本丸々狩れるのです。

さて、林檎狩りのりんご1個とスーパーで買うりんご1個、どちらが安いでしょうか?


A : 林檎狩りのりんご


B : スーパーのりんご


apple_001.jpg  apple_002.jpg (右はアップルランドの足湯、参考まで)

今回のりんご狩りの木の種類は「ふじ」でした。
同じ「ふじ」の6個入りが、大手スーパーでは299円で売られていました。

1個あたり  299円 ÷ 6個 = 49.8円

林檎狩りで取れたりんごから、少々傷んだモノを除くと180個でした。

1個あたり  9,000円 ÷ 180個 = 50円

ほぼ同じ値段になりますが、わずかに林檎狩りのりんごの方が高いですね。
それでも、林檎狩りの体験や1本の木のオーナーになれたことが付加価値となり、林檎狩りの方が安く感じてしまうから不思議です。

もちろん、林檎狩りのりんごの味は抜群です!


正解 : B
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 00:32| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133300653

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。