2009年08月30日

流しジュンサイ!?

これは新しいスタイルです!

三種町観光協会はこのほど、能代市のJR東能代駅で五能線の人気列車「リゾートしらかみ」の乗客にジュンサイを振る舞い、町の特産物をPRしました。

そのスタイルが画期的で、リゾートしらかみの下り2本が同駅に停車した際、事前にホームに設置した流しそうめん用の器具を使い、そうめんの代わりにジュンサイを流して食べる「流しジュンサイ」で、続々と降り立つ乗客に試食を勧めたのです。

nagashiJUNSAI_001.jpg

乗客は「ジュンサイはどこで売っているのか」などと興味を示していたそうです。

(2009年8月22日 秋田さきがけより)


いくらいいモノでも『仕掛け』『仕立て』がなくては、なかなか売れません。
そのお手本となる例が、この「流しジュンサイ」ですね。

リゾートしらかみのお客さんはこの『仕掛け』で、新しいお土産に気づかされたのです。
最高のPR方法です!
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 23:53| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。