2008年10月29日

電球による電球。

誰でも見慣れている電球ですが、少し変ではありませんか?

電球そのものが光っているのです!

lamp_001

なぜ、そのものが光っているのでしょうか?

電磁波…
磁力…
電池…

実はコレ、ソケットにねじ込む部分が2つあるのです。写真で見えている部分はダミーなのです。

lamp_002

これだけの工夫で、消耗品として何気なく使われ捨てられていた電球が、光りのオブジェに生まれ変わったのです。

おもしろいですね。
posted by 田舎のマッドサイエンティスト at 23:58| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン・カラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108796945

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。